省エネ住宅ポイントでお得にECO│二倍にLucky

不動産

断熱のリフォーム

断熱改修をともなうリフォーム

白い家

省エネルギー性能を高めるためのリフォームを行うと、省エネ住宅ポイントを受け取ることができます。 ポイントを受け取ることができるリフォーム工事にはいくつかの種類がありますが、外壁、屋根、天井、床などの断熱改修もその対象になります。その場合、一定以上の断熱材を使用する工事が対象になります。 こうした工事は、窓の断熱などにくらべると、工事の規模が大きくなる傾向があります。ただ、窓の場合のように省エネルギー基準のような規定がないため、比較的クリアしやすく便利でもあります。 その場合には、部位や工事別に、最低限使用しなければならない量が、断熱材の性能ごとに定められています。そして、部分断熱改修のみであっても、省エネ住宅ポイントを受け取るための対象工事になることを覚えておくと便利です。

省エネ住宅ポイントの対象となる工事

断熱改修をともなうリフォームで、省エネ住宅ポイントを受け取るためには、その対象となる断熱材を使用することが必要になります。 断熱材の性能は、断熱材ごとに定められているJIS規格に該当するもので、熱伝導率の数値が0.052以下の、ノンフロン製品であることが求められます。 また、対象となる断熱材の型番は、現在、省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録されることになっています。そして、そこに登録された断熱材を使用したリフォーム工事のみが対象となることには注意が必要です。 断熱改修をともなうリフォーム工事で発行されるポイント数は、工事の部位別に定められています。改修を行った部位の種類に応じて、そこに定められているポイントが加算されるという仕組みです。