省エネ住宅ポイントでお得にECO│二倍にLucky

不動産

節電のメリット

内窓のメリットについて

レンガ調の家

内窓のメリットについて紹介します。内窓は節電を行いながら、快適な居住空間も提供してくれます。窓を2重化することで、窓からの熱の出入りを抑えることが可能になります。さらに外側の窓を遮熱タイプのLow-e複層ガラスなどにすることで、日射熱を大幅に抑えることも可能です。このように断熱性を高めることで、より少ないエネルギーで快適な居住空間を維持することができます。結果として電気代の節約となり、温暖化ガスの削減にもつながります。また断熱性を高くすれば、住宅の結露などを抑えることもできます。 このようなメリットがある内窓工事、今なら省エネポイント制度の対象になります。ポイントを工事費の一部に充当したり、商品券に交換したりとお得に利用できます。

現在のトレンドについて

前述のようなメリットがある内窓工事、最近では特に注目され始めています。 背景には、暑さの7割、寒さの6割が窓の原因であるといった調査結果、あるいは住宅の寿命を左右する結露を窓による断熱性の向上で防止することができるといった報告などがもとになり、窓の存在が見直されているからです。しかし、窓の性能は見えにくいものです。そこで最近のトレンドは、この見えにくい窓の性能をショールームで見えるようにする取り組みです。例えば非断熱の窓と断熱性の高い窓を比べ、窓の温度を可視化しディスプレイで表示することで、その効果を確認する工夫です。 このような窓の存在の見直し、前述の省エネ住宅ポイントの復活などにより、内窓取り付け工事は今後ますます増加傾向にあります。